ライスフォースはライスパワーエキスNo11が使われています

ライスフォース

水質改善保持能改善が認められたライスパワーNo11

「水分保持能改善効果」とは、肌が水分を保つ力をより高め、改善する効果です。ライスパワーNo11エキスは医薬部外品の新規有効成分として認可された世界で唯一の成分なのです。

このライスパワーエキスNo11を含むライスパワーは、どのようにして作られているのでしょうか。

ライスパワーはスキン概念を「与える、補う」から「本来持っている力を引き出す」へ変えていきます。

それは身体が持つ機能そのものを育み、健やかに導く日本唯一の成分、「ライスパワーエキス」が実現します。

ライスパワーエキスの原点は、造り酒屋から始まりました。

醸造発酵という伝統技術に、最先端の科学をかけ合わせた「日本型バイオ」が、身体の本来持っている力を、最大限引き出す「ライスパワーエキス」を生み出しました。

ライスフォースでは本物の美しさのために必要なのは、「肌の改善」であると考えています。

現在の状態を改め、より良い肌への導き続ける「改善」は今までの「与え、補う」といったこれまでのスキンケアとは全く違います。

今までの「与える」スキンケアでは、肌上に重ねることで、一時的に肌表面は潤いますが、肌そのものの力を高めるものではありません。

一方、肌の「改善」では、肌に存在的に備わる「水分保持能」機能を引き出し、高めることで改善する新しい発想です。

ライスパワーエキスとは

ライスパワーエキスはお米から生まれます。

ライスパワーエキスは、単なる米糠や米発酵液のような単なる栄養分ではありません。「日本型バイオ技術」によって産まれた新規機能素材なのです。

使われている「ライスパワー」はNo11だけではありません。
実は、現在開発されているライスパワーエキスは、なんと36種類もあるんです。



ライスパワーN06の商品はこちら
ライスパワーNo11はライスフォースです。

これからもライスパワーエキスは様々な場面で使われていくのでしょう。

昔から、「お米のとぎ汁は肌にいい」「杜氏さんの手はキレイ」など人から人へと受け継がれながらも、秘められていたのがお米の力です。

ライスパワーエキスのできるまで

■国産のお米100%
ライスパワーエキスは国産のお米100%を原料に作られます

■お米のエキスを抽出します
まずお米を蒸します。蒸した後d、独自の技術でお米のエキスを抽出します。

■微生物を組み合わせる
麹菌、酵母、乳酸菌等を様々に組み合わせ、長時間じっくりと発酵させます。エキスのNo.ごとに微生物の種類や組み合わせ、発酵期間が異なるため充分な管理が必要です。

■樽の中でじっくり発酵
発酵させている間、樽の中では様々な微生物によってひとつの世界が創られています。微生物同士が互いに影響を与え合うことで、科学では解明できないほどの複雑な発酵の連鎖が始まり、ライスパワーエキスという画期的な成分が生み出されます。

■微生物の働きをサポート
あくまでも人が行うのは、調整や管理。微生物が持つありのままの力を最大限に生かすため、職人技ともいえる絶妙な感覚が必要になります。

■じっくり熟成させて完成
約90日間じっくりと発酵・熟成させた後、厳しい品質管理を経て、ようやくライスパワーエキスが完成。

この作られたライスパワーエキスが様々なメーカーへと送り出され、化粧品をはじめ飲料や入浴液として届けられるのです。

タイトルとURLをコピーしました