ライスフォースの副作用が気になる【成分一覧】

ライスフォース

ライスフォースには、どのような成分が含まれているのでしょうか

副作用が心配な成分は含まれているのでしょうか。

ライスフォースには、特別危険な成分は、含まれていません。通常通りご使用いただければ何の問題もないと思います。

心配な方は、腕の内側などでパッチテストをしてみるといいかもしれませんね。

最大の効果を引き出すためにも、トライアルセットの箱に書かれている順番で使用することです。

化粧水⇒美容液⇒クリームの順番です。

ライスフォースの成分一覧

■ライスフォースの化粧水

ライスパワーRNo.11(米エキスNo.11)

エタノール
BG
DPG
濃グリセリン
グリチルリチン酸2K
DL-PCA・Na液
大豆リゾリン脂質液
ヒアルロン酸Na-2
植物性スクワラン
天然ビタミンE
PEG(120)
POE・POPデシルテトラデシルエーテル
POE(25)POP(30)
カミツレ油-2
粘度調整剤
pH調整剤

■ライスフォースの美容液

ライスパワーRNo.11(米エキスNo.11)

シクロペンタシロキサン
ジメチコン
濃グリセリン
エタノール
BG
DPG
POE・ジメチコン共重合体
オクタン酸セチル
オリブ油 保湿
植物性スクワラン
天然ビタミンE
POPメチルグルコシド
ポリオキシエチレンセスキステアリン酸メチルグルコシド
セスキステアリン酸メチルグルコシド
グリセリンモノステアリルエーテル 、
POE(7)ラウリルエーテル
軽質流動イソパラフィン
ヒアルロン酸Na-2
グリチルリチン酸2K
POEステアリルエーテル
カミツレ油-2
粘度調整剤
pH調整剤
EDTA-2Na
メチルパラベン

■ライスフォースのクリーム

ライスパワーRNo.11(米エキスNo.11)

オクタン酸セチル
BG
植物性スクワラン
濃グリセリン
ジメチコン
N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・ベヘニル2-オクチルドデシル)
ベヘニルアルコール
ステアリン酸
ステアリン酸PG
ラウリン酸ソルビタン
ミリストイルグルタミン酸Na
グリチルリチン酸2K
粘度調整剤
pH調整剤
メチルパラベン
プロピルパラベン
ブチルパラベン

ライスフォースは、医薬部外品の基礎化粧品で、香料や合成着色料などは一切使わず、肌へのやさしさにこだわって製造されています。

合成界面活性剤は使用されていますが、これはどの化粧品にも使われています。

油性の成分と水性の成分を安定した状態で混ぜるには、「乳化剤」は絶対に必要です。

サイトには、「石油系界面活性剤」は不使用と書かれています。これは間違いありません。また香料も使用されていないことから刺激は最小限に抑えられていると思います。

いきなり本製品を購入するよりは、最初は、3,500円のトライアルセットを購入し、自分に合っているかどうかを判断する方がいいと思います。

ライスフォースには、防腐剤の効果のためにごく少量のアルコールを使用しています。アルコールを省くとそれに代わる防腐剤を多用しなければならないので、そうなるとかえって肌に負担をかけてしまいます。場合によては、刺激を感じる成分もあるくらいです。
それを避けるためにも、ライスフォースでは、ごく少量のアルコールを使用しています。

化粧品を保存するときは、直射日光および、気温が40℃以上、-5℃以下になる場所を避けて保管すること。その条件下で保管したものは、未開封なら製造日より3年が使用期限です。開封したら、1年以内に使いきりましょう。

 

化粧水・美容液・クリームすべてが医薬部外品なのはライスフォース。ライスパワーエキスを使った化粧品で、すべて医薬部外品という化粧品はライスフォース以外は、あまり見かけませんね。

 

タイトルとURLをコピーしました